Home » 成分辞典

ベタイン

正式名称:トリメチルグリシン。ベタインとは、ビート(砂糖大根)から分離精製される天然の物質であり、動植物界に広く存在している。

ベタインは、甘味とうまみにかかわっており、動物ではえび・タコなどの魚介類に、植物では、麦芽・キノコ類などに含まれる。特に、アカザ科フダンソウ属の植物、テンサイに含まれる。

ベタインは、アミノ酸の1種であるグリシンと構造が似ており、陽イオンと陰イオンの両方をもちあわせた天然の両性界面活性剤になるため、界面活性剤(ベタイン系界面活性剤)として、ヘアケア製品などで、シャンプーや帯電防止剤やトリートメントの中に入れられる。

また、ベタインは、調味料として、またグルタミン酸発酵などの発酵促進剤として、各種飼料にも入れられる。安全性は高く、吸湿性と保水性もある。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (この記事に関する評価はまだありません)
Loading ... Loading ...

口コミ・コメントを投稿する